団塊ジュニア世代が高齢出産の年代に!出産のリスクを低減するには?

国のお墨付き!?葉酸サプリが高齢出産の増加とともに大変な人気!

葉酸サプリ,効果,妊娠,妊婦葉酸が必要な人

 

高齢出産=高リスク
と考えている方も多いかと思います。

 

確かに、半分正しいのですが半分間違っているとも言えます。

 

リスクが高いのは間違いないのですが、
きちんとした対策を行っていれば、それほど恐れることは無いのです。

 

高齢出産の必須アイテム!葉酸サプリでダウン症のリスクを低減♪

 

葉酸サプリ,効果,妊娠,妊婦高齢出産を控えた女性

 

日本産科婦人学会の定義では、35歳以上の出産を高齢出産といいます。

 

高齢出産といえばダウン症をイメージする方も多いかと思います。
いわゆる胎児の染色体異常ともいいますが、
障害のある子供が生まれてしまうのです。

 

ダウン症の発症確率は、20代では0.1%未満ですが、
35歳では0.3%、40歳では1%と急上昇しています。
20代と40歳では可能性が10倍以上も違うのです。

 

近年は、女性の社会進出や晩婚化などで、
子どもを産む年齢がドンドン高くなっていきます。

 

その他にも、若いうちは経済的な余裕が無く
子供を作れないという方も増えてきており、
高齢出産の増加に拍車をかけています。

 

そんな女性たちに最近人気となっているのが「葉酸サプリ」です。

 

高齢出産を考えている方は、リスクについてもご存知ですし、
色々知識を仕入れているので「葉酸サプリ」っていう言葉は聞いたことがあるかも知れません。

 

2011年以降、急速に市場が拡大しています。
また、葉酸の効果が各研究で明らかになり、
厚生労働省が葉酸サプリの摂取を推奨していることも、人気に拍車がかかっています。

 

厚生労働省が推奨しているってことは、その効果に国のお墨付きが付いたようなものですからね!

 

また、団塊ジュニア世代(1970年代)が、
高齢出産や高齢初産の年代に差し掛かってきたことも影響していると思われます。

 

高齢出産や高齢初産はやはり若い女性が出産するのと比べてリスクが増加しますから、
リスク防止への意識が高い方が増加していると思われます。

 

最近では、東尾理子さんが不妊治療を経て待望の子供を出産したニュースが話題となりましたし、
その時に葉酸サプリも飲んでいたので、葉酸の重要性も一気に広まりました。

 

有名芸能人の出産ラッシュ、「妊活」「プレママ」などの言葉の定着とともに、
今後ますます需要が高まるのではないでしょうか。

 

イギリスなどヨーロッパ諸国ではこの葉酸の重要性について研究が進んでおり、
国策として葉酸の積極的な摂取をすすめています。
その結果、10年足らずでダウン症の発症確率が10分の1にまで激減しました。

 

日本でもようやく葉酸サプリの摂取が推奨されるようになり、
ダウン症の減少に期待がかかっています。

 

高齢出産対策もこれで万全!おすすめのサプリがAFCの葉酸サプリ!

 

葉酸サプリ,効果,妊娠,妊婦AFC葉酸サプリ

 

AFCの葉酸サプリは、厚生労働省が推奨している葉酸がそのまま入っているおすすめの葉酸サプリです。

 

この特徴は、合成葉酸が入っていることです。

 

世の中の葉酸サプリは、「天然葉酸」があたかも
赤ちゃんにとって安心・安全で、厚生労働省も推薦しているといった間違った情報が流れています。

 

「天然葉酸」を厚生労働省は推薦していません。
厚労省がすすめているのは、合成葉酸です。
HPにもしっかり書かれています。

 

合成物の方が吸収率が圧倒的に良く、効果が期待できるためです。
さらに、天然ものが赤ちゃんにとって良いというのは、完全なイメージでしかありません。

 

ダウン症に効果が期待できるのも、合成葉酸の方です。
天然葉酸は、まだ研究による効果が実証されていません。

 

AFCの葉酸サプリは、厚生労働省の推薦を忠実に守っていますし、
きちんと合成葉酸であることが記述されています。

 

本当に赤ちゃんにとっていいのは、
イメージだけで良いと思われている天然ものではなく、
結果が立証された合成物なのです。

 

合成の方が価格もお手頃ですので、長く続けるにはピッタリかと思います。